京都グルメブログ☆祇園二寧坂にある鮨の沼本

スポンサードリンク

おはようございます!今日もどしどし、京都の美味しいおすすめグルメを紹介してまいります!

本日は、祇園の二寧坂にある鮨の沼本さん!

京都の観光名所のすぐ側にあり石だたみの風情ある観光地の中にひっそりと佇むお店。

京都らしいなぁて店内は落ち着いた和の要素も洋の要素も入ったシンプルだけどどこか、懐かしさを感じる空間

おさしみの盛り合わせ。季節の魚が5種類

秋刀魚、トロ、まぐろ、いさきなど新鮮なお魚がならぶ。

名前忘れた焼き魚(笑)

脂がのってて美味しかったです。

このいくらの醤油漬けがほんまに美味しくって3回おかわりしました(笑)

柔らかく、口の中でトロけるようないくら。

美味しい〜

日本酒もどんどん進み、2人で一升半ほど飲んで酔っ払ってで帰りました。

あては美味しいけど、種類が少ないのが少し残念です。

トータル評価10点中/7点

また行きたいお店です。

スポンサードリンク

京都グルメブログ☆京都祇園にある割烹きだ

スポンサードリンク

おはようございます!今日もがんがん京都の美味しいお店を食レポいたします!

今日ご紹介するのは、祇園きださん

祇園の楽味さんから独立された大将のお店。なかなか予約とれず、東京のお客様が京都へ帰ってきた時にやっととれて楽しみにしていました。

旬のじゅんさいのカクテルに雲丹がのってる前菜。絶妙なバランスのジュレが雲丹とからんでさらに美味しく!

穴子をふわふわに蒸して下にある味付けした大根と一緒に食べます。食感も楽しめ、穴子は箸でほぐれるほど、ふわふわに蒸してあり、口の中いっぱいに広がった後、すっとなくなりまた、お箸がすすむ。お吸い物も、ダシが効いてて、コクもある

旬の一品がテーブルに並ぶ。

天然鯛のカルパッチョ、馬刺し、なめろう、蟹と枝豆、いくらの醤油漬け

一品一品丁寧に創られた想像をこえる小料理。量も絶妙のバランスで日本酒にぴったり。出たー!松茸!食欲の秋には絶対に登場する国産松茸も美味しい。松茸のスープの上に黒毛和牛をくぐらせて、しゃぶしゃぶに。松茸の良い香りとお肉の旨味が合わさってスープまで飲み干してしまうほど絶品。最後の締めは蒸しご飯。秋刀魚も旬の食材ですね。お米も一粒一粒たっていて美味しかった。最後に鯖寿司をだしてもらったんですが、それだけがあまり美味しくなくてちょっと残念やったけどトータルは大絶賛!また来たいお店です。

トータル評価10点満点中/8.8点

ごちそうさまでした。

スポンサードリンク

【京都グルメブログ】木屋町にある上質な安久

スポンサードリンク

おはようございます!今日もがんがんお店を食レポしてまいります!

今回は楽しみにしていた安久です!

京都の木屋町通りに面しており、店内は落ち着いた木をテーストにした和の空間

カウンターは6席のみ。亭主も見習いさんもみんなお若い。今旬の鱧をさっと炙り、冬瓜のすり流しをかけたさっぱりした前菜。夏にぴったりで爽やかで美味しい!何の魚かすっかり忘れたけど、ちょっとしたお寿司はシャリもふっくらしていて少し香ばしい香りもしてGood毛ガニのしんじょうは繋ぎがないほど毛ガニがぎゅっと詰まっていて、その周りのお汁もだしが効いた上品なお汁。この椀ものはお気に入り。またまた旬の鰹のたたき。鰹はあんまり好きじゃないけど、辛子を効かした大根おろしでさっと炙った鰹のタタキを食べてみた。鰹も美味しかった。ちょっとした一工夫が私達をびっくりさせてくれます。鮑を柔らかく蒸した蒸し鮑をさっと揚げてウニをのせた一品。鮑を揚げる?せっかく蒸した鮑がかたなってまうやん!思ったんやけど揚げて回りが香ばしくなって中の鮑を一層引き立たせてくれた。最後はしめの鮭ごはんか穴子の蒸しご飯。しめは普通でした。でも、値段も一人3万以上は超えてくるお店やから、良い素材も使っていて、美味しくて当たり前だけど、一品一品きっちり丁寧にお料理を創っててはる事が伝わってくるお店でした。

ごちそうさまでした!

トータル評価10点中/9点!

スポンサードリンク